*

トレンドアフィリエイトで優先するべきは文字数か記事数か?

      2016/06/16

-shared-img-thumb-DI_IMG_5697_TP_V

こんにちは、川戸です。

トレンドアフィリエイトで注目される数字と言えば「文字数」と「記事数」

私に寄せられる質問の中でも

・何文字で書けばいいんですか?

・何記事書けばいいんですか?

は定番中の定番です。

これは特に初心者さんからいただく質問ですね。

そして、もう少し段階が進むと今度はこのような疑問が浮かんできます。

「いたずらに記事数を増やすよりも、時間をかけて1つ1つの記事をしっかりと書いた方がいいのでは?」

「早く成功するためには、ある程度1つ1つの記事が雑になったとしても記事数をもっと増やすべきでは?」

誰しも1日の中でトレンドアフィリエイトに割ける時間には限りがあります。

そこで時間のかけ方を「文字数に集中するべき」と考える前者と、「記事数に集中するべき」と考える後者のような疑問が出てくるわけですね。

というわけで今回のテーマは「トレンドアフィリエイトで優先するべきは文字数か記事数か?」です。

あなたなら、どう思いますか?

 

優先するべきは文字数か記事数か?

個人的な見解ではありますが、結論から入ることにしましょう。

一概には言えませんが、特別な戦略がない限り「何よりも記事数を優先する」という考えは間違いです。

どちらかといえば1記事あたりのクオリティを上げることにつながる「文字数優先」の方が正解だと言えるでしょう。

⇒ 文字数の少ない記事を量産しても稼げない!

詳しくは上の記事でも解説していますが「1記事500文字でOK!」という状況はとっくの昔に終わっています。

 

トレンドアフィリエイトでは一般的に「300記事で月10万円」とも言われています。

1日3記事ペースなら約3か月ですね。

しかし、私にも経験がありますがこの目安に囚われてしまうと…

「とにかく今日のノルマを終わらせなきゃ」

「とにかく300記事を達成しなきゃ」

という思考に陥ってしまいがちです。

しかし、実はこれでは本末転倒。

目的と手段を見失ってはいけません。

前回の記事でも触れたように、意識するべきは

(正)トレンドアフィリエイトで稼ぎたい(目的)から、ユーザーを満足させるような記事を書く(手段)

であって

(誤)トレンドアフィリエイトで稼ぎたい(目的)から、中身はともかくたくさん記事を書く(手段)

ではありません。

ただ「記事数が多い(更新が早い)」という一点突破によって成功することは難しいでしょう。

 

そしてもちろん、いくら文字数が大事だと言っても

(誤)トレンドアフィリエイトで稼ぎたい(目的)から、とにかく文字数の多い記事を書く(手段)

も間違いです。

本題以外の情報を無理やり記事内に足したり、コピーやリライトによって文字数を底上げしても無駄!

その記事には本当に、メインとなる芸能人のWikiプロフィールや経歴、出身地や血液型の情報が必要ですか?って話です。

Googleはとても賢いのでしっかり「有益な情報」と「無駄な情報(文字数の底上げ)」を見分けます。

 

この点を踏まえて、改めて結論を言いなおしたいと思います。

 

真の結論とは?

Q「トレンドアフィリエイトで優先するべきは文字数か記事数か?」

真の結論は以下の通り。

A「本当に優先するべきは文字数とか記事数とかじゃなくて、ユーザーのためになる記事を1つずつ丁寧に書いていくこと」

 

ただ記事数だけを増やせばいいという考えは論外ですが、だからと言って画一的に「何文字書けばいい」という話でもありません。

ネタによって「適切な情報量(文字数)」は変わってきます。

・オムライスのつくり方

・大河ドラマ「真田丸」における真田幸村と歴史上の真田幸村との違い

前者と後者では必要となる文字数は違いますよね?

 

オムライスのつくり方なら手順を簡潔に紹介しつつ、ポイントを丁寧に書いて、さらに写真や動画を加えればユーザー満足度は高まるでしょう。

この場合、たとえ1000字しかなくても検索で上位表示される可能性は大です。

※むしろオムライスのつくり方を10,000字かけて説明されても迷惑ですよね?

アクセス数も結構期待できると思います。

 

一方、後者のネタは深い考察が必要とされるため、絶対に1000字では足りません。

そんなぺらっぺらな考察ではユーザーはガッカリしてしまいます。

先ほどとは違い、テーマが『大河ドラマ「真田丸」における真田幸村と歴史上の真田幸村との違い』であれば、10,000字の記事はユーザーに高く評価されるでしょう。

※もちろん、しっかりと考察されていることが前提ですが

 

このようにネタによって「最適な文字数」は違います。

基本的には文字数が多い方が有利になることが多いですが、それがユーザー満足度に貢献しなければ逆効果です。

もし、あなたが「ある分野」の記事を得意にしているなら、その分野にとっての「最適な文字数」をユーザー目線で考えてみるといいでしょう。

他のサイトを観察して「ここは良い」「もっとこんな文章が欲しい」と研究してみるのもいいですね。

 

おまけ:目標によって変わる手段

ここまでの内容は「トレンドアフィリエイトで長期間、効率的に稼ぐためにはどうすればいいか?」という前提で書きました。

ただ、ぶっちゃけて言えば目標が「月3万円稼ぎたい」ならここまで考えなくてもOKです。

何なら1記事500文字くらいで記事を量産しても届く可能性は高いでしょう。

※その後、パンダアップデートに対処されると思うので継続的には稼げないと思いますが

⇒ パンダアップデートとペンギンアップデートとは?

 

まずはあなたの目標を再確認してみてください。

・早く稼ぎたいのか、あまり急がないのか

・継続的に稼ぎたいのか、一時的に稼げればいいのか

・稼ぎたい金額は月いくら?もしくは総額いくら?

目標が変われば、当然手段も変わってきます。

長期的・継続的な収入を構築するためにはノウハウと労力、それなりの期間が必要です。

一方、一時的なお小遣いが目的なら、深く考えずに行動を続けるだけでも達成できるでしょう。

 

とはいえ「予定より稼いでしまって困る」ということもありません。

目標がどのようであれ、ユーザーのことを考えた記事を意識して損はないと思いますよ!

 

まとめ

トレンドアフィリエイトで実際に稼げるまでは、何かと不安になるものです。

特にわかりやすく確認できる文字数・記事数という数字は気になりますよね。

しかし、「何文字で書けば?」「何記事書けば?」という質問に画一的な答えを返すことはできません。

稼ぐために絶対的に意識するべきは「ユーザーが満足するような記事づくり」です。

ユーザーが満足する内容であれば、たとえ1000文字でも上位表示されアクセスを集めることができるでしょう。

※当然、必要な文字数はネタによって異なります。

時間がかかって非効率的に思われるかもしれませんが、記事を書く前に一度ユーザー目線になって考え、1つ1つ丁寧に記事を書いていくことこそが成功への近道です。

 - トレンドアフィリエイト