*

パンダアップデートとペンギンアップデートとは?順位低下の原因は何?

      2016/04/04

-shared-img-thumb-PAKS85_oyogupenginsan_TP_V

こんにちは、川戸です。

「急にブログへのアクセスが減ってしまった!原因はわからない!」

トレンドアフィリエイトを続けていると、このようなピンチに陥る人が必ず一定数出てきます。

実際、私が以前所属していたチームでも月に数人ペースでこのような事態が報告されていました。

アクセスが急減するということは収入が減ってしまうことと同義ですから、これは大変な状況です。

当然、原因を探って可能なら元の状態に戻そうと多くの人は考えます。

 

アクセスが減ったということは、原因は十中八九「検索順位の低下」です。

この時、考えられる状況は大きく3パターン。

・ペナルティを受けた…Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)で確認可能。解除できる可能性あり。

⇒ ペナルティを回避する方法は?

⇒ WordPressで簡単にウェブマスターツール登録する方法

・自然淘汰…他のサイトがより上位に掲載されたことで、自然と順位が低下した

Googleのアルゴリズム変化によるもの…ペンギンアップデートやパンダアップデートの影響

 

ペナルティや自然淘汰による順位低下は問題がわかりやすいですよね。

一方、初心者が「?」となってしまうのは「検索アルゴリズムのアップデート」という原因。

おそらく「名前だけは知っているけど、実際のところ何なのかはよくわからない」という方も多いのでは?

そこで今回は順位低下の原因と言われるパンダアップデートやペンギンアップデートについてチェックしていきたいと思います。

 

Google検索アルゴリズムの変化とは?

「ある記事をどのくらい評価して、ある検索に対して何番目の順位で表示させるか」

これを判断しているのが検索エンジンであるGoogleの「アルゴリズム」です。

わかりにくければ「チェックリスト」と考えてもいいですね。

イメージとしては

・文字数(情報量)は?

・ユーザーの滞在時間は?

・誤字・脱字はあるか?

などの数千個にも及ぶチェックリストによって私たちのブログや記事には点数がつけられ、それが掲載順位に結びついている…という感じです。

 

では、もしチェックリストの項目が変更されたとしたら?

当然、私たちのブログ記事につけられた点数も見直されることになります。

その結果、点数(=掲載順位)が上がる記事もあれば下がる記事もある。

これが「Google検索アルゴリズムの変化によって、掲載順位が低下する(または上昇する)」という現象の仕組みです。

 

バージョンアップの目的とは?

アルゴリズムの変化と書きましたが、正確には「バージョンアップ」と表現した方が適切ですね。

Googleは「より良い検索エンジン」になるために日々アルゴリズムの改善を実施しています。

パンダアップデートやペンギンアップデートもそんな「改善」の1種。

ざっくり説明すると

・パンダアップデートはコンテンツの「中身(内容)」に関する

・ペンギンアップデートはコンテンツの「枠組み(システム)」に関する

チェックリストの改善作業です。

それぞれについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

パンダアップデートとは?

パンダアップデートの目的は「コンテンツの品質を再評価し、適切な順位に表示させること」

つまり、これによって順位が低下するブログや記事はGoogleから「低品質なコンテンツ」だとみなされてしまったわけですね。

低品質なコンテンツの例としては

・情報量(文字数)が少ない

・他のサイトと被っていて、オリジナリティ(独自性)がない

・情報に信憑性がない。または嘘の情報を発信している

・広告ばかりで、内容は薄っぺらい

などが挙げられます。

 

もし、これら低品質なコンテンツが検索結果の1ページ目を独占していたらどう思いますか?

使いづらいし、イライラしますよね。

しかし、実はかつてのGoogleアルゴリズムには穴が多く、実際にアフィリエイト系の内容の薄いコンテンツが検索上位を占めていた時期がありました。

パンダアップデートはそのような穴を埋め、ユーザーにとって心地よい検索結果を表示するためのシステムなのです。

 

パンダアップデートで順位低下したらどうすればいい?

ペナルティによる順位低下の場合は、原因に対処することでペナルティを解除することも可能です。

しかし、パンダアップデートの場合はこのような「解除による順位復帰」は望めません

原因はそもそも「記事の質」にあるわけですから、できることがあるとすれば追記や書き直しくらいです。

それよりも個人的には、いっそ気持ちを入れ替えて新しいブログを立ち上げた方がいいのではないかと思います。

その際は

「Googleに高評価されるブログ・記事」=「ユーザーにとって有益なブログ・記事」

を心がけるようにしましょう。

複雑に考えず

「どうすればユーザーがより満足するだろう?」

という点を念頭に置いて記事を書けば、自然と「高品質なコンテンツ」ができあがるはずです。

 

ペンギンアップデートとは?

一方、ペンギンアップデートで注目されるのは、主にいわゆる「SEO」の部分。

例えば従来、SEO対策としては「被リンクが多いこと」が重要だと言われてきました。

しかし、だからといって

・内容がほとんどないのに被リンクだけが多いサイト

・SEOによって上位表示されることだけが目的の相互リンクやリンク集ばかりのサイト

などが検索上位に表示されてしまったら、やっぱりユーザーにとっては不便です。

そこで、ペンギンアップデートはこのような「実態の伴わない無価値なサイト」が検索上位に表示されないように監視しているわけですね。

 

確かにSEOによって掲載順位が上がるというのは魅力的です。

順位が上がればアクセスも増え、収入も増えるわけですからね。

しかし、最近ではこのような小手先のSEOによる順位上昇の技は効かなくなってきています。

問題はパンダアップデートと同じく「ユーザーの満足度に貢献できるかどうか」です。

 

例えば

・ユーザーが使いやすいようなサイトの構成にする

・記事の表示速度を上げるために工夫する

などの努力は、必ずいい結果に結びつくでしょう。

しかし、そうではない「稼ぎたいだけ」のズルいサイト構成はアウト!

ペンギンアップデートでの大幅な順位低下を招くことになるでしょう。

 

まとめ

ペンギンアップデートやパンダアップデートによって、現在の検索エンジンはかなり使いやすいものになりました。

検索上位に表示されるのは、内容が濃く専門的で、ユーザーが使いやすいような構成を意識したサイトばかりです。

一方、その影でこれらアップデートによって検索順位を落としてしまう人々も後を絶ちません。

せっかく作ったブログやサイトが大きく順位を落としてしまったら悲しいですよね。

しかし、残念ながら問題はそれが「低品質なコンテンツ」であったからに他なりません。

確かにトレンドアフィリエイトをするなら目的は「収入」です。

ただし手段を間違えてはダメです。

(正)収入をつくりたい ⇒ ユーザーに価値を提供するような記事を書く

(誤)収入をつくりたい ⇒ とにかくアクセスを集める(コピペ・内容のない記事・小手先のSEO)

間違った手段で稼ごうとしても、アルゴリズムに対処されてすぐに稼げなくなってしまうのがオチです。

これははっきりと断言できるのですが

「ユーザーのことを考えた高品質な記事」

を意識して書くことこそが、トレンドアフィリエイトで成功するための一番の近道なのです。

 - SEO