*

自分のPCで検索1位でも意味がない理由とは?本当の順位の調べ方

   

-shared-img-thumb-MAX_bordetewomotu20141025114710_TP_V

こんにちは、川戸です。

トレンドアフィリエイトをやっている人なら、一度は自分の書いた記事の順位を確認したことがあると思います。

特に最初の頃は1日ごとに「順位が上がっていないかな?」なんてチェックする…なんてのは「あるある」ですよね(笑)

ある日、見事に検索1位になっていたら「これでアクセスも伸びるはず!」と大喜び!

しかし、実際には思っていたよりもアクセス増を感じない…こんな経験はありませんか?

私にはあります。

そこで調べてみたところ、ショッキングな事実が判明しました。

『自分のPCで検索順位1位になっても意味がない!!』

今回はその理由と、「本当の順位」の調べ方についてチェックしていきたいと思います。

 

自分のPCで検索順位1位になっても意味がない!

結論から言えば

『自分のPCで見る検索順位と、他人のPCで見る検索順位は違う』

というのが問題なのです。

一見、私たちが書いた記事が検索順位1位になっているように見えてもそれは「自分のPCでだけ」

肝心の一般ユーザーが同じ検索をした場合には2位や3位どころか、2ページ目以降に順位が落ちている可能性があります。

この場合、いくら自分のPCで検索1位になっていたからといってアクセスUP効果はありません。

だから「順位が上がったはずなのにアクセスが増えない…」という現象が起こるわけですね。

 

何故そんなことが起こるの?

通常、PCには行動の履歴が蓄積されていきます。

※「履歴」ボタンからは過去にアクセスしたページのリストを見ることができますよね

そうすると、PC君は賢いので

「ご主人はこのアドレス(サイト・ページ)に何度もアクセスしているな」

と確認して

「じゃあ、このアドレスは検索結果でより上の方の順位で表示するようにしよう」

と考えてくれるわけです。

本来、この機能のおかげで私たちは自然と「お気に入り」のサイトを検索結果で見つけやすくなるわけですね。

 

しかし、ここで問題が。

トレンドアフィリエイトをやっていると、当然ながら「自分のサイト(ブログ)」や「自分の記事」に何回もアクセスすることになります。

ということは、先ほどの機能によって「自分のコンテンツ」は検索結果で上位に表示されやすくなるわけです。

しかし、その上位表示はあくまで「幻」!

自分のPCのみにしか適用されない「偽の順位」なのです。

ちょっとガッカリですよね…。

しかし、落ち込んでばかりというわけにもいきません。

気を取り直して今度は「本当の順位」の調べ方をチェックしてみましょう。

 

本当の順位の調べ方は?

では「自分のPCに保存されたアクセス履歴」の影響を受けていない「本当の順位」を調べるにはどうすればいいのでしょうか?

実はその方法は簡単で「プライバシーモード(※)」を使えばいいのです。

※ブラウザによって「プライベートブラウジング(Firefoxなど)」や「シークレットウインドウ(Google Chrome)」などと呼び方が変わります

これは一般的には「履歴を残さずページ閲覧したい」という場合に使う機能ですね。

また、プライバシーモード中はPCに記録されたパスワードなどの情報も適用されないので、他人のPCを使うときなどにも便利です。

そして、プライバシーモードでは同様に「今までの検索履歴」も反映されません。

つまり、一般的なユーザーが検索した時の「本当の順位」が確認できるというわけです。

 

使い方は?

シークレットモードの始め方は各ブラウザで異なりますが、どのブラウザでも操作は難しくありません。

例えば「Google Chrome(PC)」なら右上のメニューボタンから「シークレットウインドウを開く」を選ぶだけ。

SC

左上にスパイのおじさんっぽいマークが出ていれば成功です。

ちなみに画像にもあるようにショートカットキーは「Ctrl + Shift + N」

また、AndroidやiPhoneの場合も

メニュー ⇒ 新しいシークレットタブ

でシークレットモードを使用することができます(やっぱりスパイマークが表示されます)

 

まとめ

「自分のPCで1位表示されても意味がない!」

その理由はPCに保存されているアクセス履歴。

それによって自分のコンテンツは「よくアクセスするアドレス」として「自分のPCでだけ」上位表示されている可能性があります。

これは、いわば意味のない「偽の順位」

アクセスUPに必要な「本当の順位」を確かめるためにはブラウザの機能「シークレットモード(プライベートブラウジング)」を使用してみましょう。

一般ユーザーの検索における自分の記事順位をチェックすることができますよ。

 - その他