*

WordPressで簡単にサイトマップを作成・登録する方法

   

-shared-img-thumb-PAK76_chikyuugitobin20130804_TP_V

こんにちは、川戸です。

今回のテーマは「WordPressで簡単にサイトマップを作成・登録する方法」

前回の記事(WordPressで簡単にウェブマスターツールに登録する方法)の続きになります。

サイトマップの作成・登録は、トレンドアフィリエイトで稼ぐためにも重要なポイントです。

WordPressでならプラグインを使って簡単に作成・登録することができるので、サクッと終わらせてしまいましょう!

 

WordPressでサイトマップを作成・登録する方法

Googleの公式説明によれば、サイトマップが必要とされるサイト(ブログ)は次の通り。

・サイズが非常に大きいサイト

・どこからもリンクされていないページが大量にあるサイト

・外部からのリンクが少ない新しいサイト

つまり「できたばかりの新しいサイト」にも「何百ページ(記事)もあるような年季の入ったサイト」にもサイトマップは必要ということですね。

サイトマップを作成・登録することでブログのインデックススピードは向上し、SEOにも効果が期待できます。

特に、始めたばかりのブログでは記事が何日経ってもインデックスされず不安になることも多いですからね。

ブログ(サイト)を開設したら、即「ウェブマスターツールに登録」&「サイトマップの作成・登録」することをおすすめします。

では、次項からは具体的なサイトマップの作成・登録方法について!

 

①WordPressでプラグインをインストール

WordPress管理画面の左側にあるメニューから「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック

サイト

右上にある検索ボックスから「Google Xml Sitemaps」で検索。

明らかにダウンロードされまくっているプラグインを確認し「今すぐインストール」をクリック

サイト2

忘れずに「プラグインを有効化」をクリックしておきます。

サイト3

 

②ウェブマスターツールでサイトマップを送信

次に、WordPressメニューから「設定」⇒「XML-Sitemaps」をクリックサイト4

「あなたのサイトマップのURL」という部分を見つけてください。

「http://(あなたのサイトのURL)/〇〇〇〇〇」という構成のうち「〇〇〇〇」の部分をコピーします。

※以下の画像なら「sitemap.xml」の部分。1文字前のスラッシュ「/」は必要ありません。

※サイトURL以下は「sitemap.xml」であるとは限りません。長ったらしいアドセス(例:index.php?xml_sitemap=params=)でも問題ないので安心してください。

サイト5

そうしたら、今度はウェブマスターツールへ。

サイトマップを登録したいサイトを選択してください。

左側のメニュー「クロール」から「サイトマップ」を選択しクリック

サイト6

ページ右上にある「サイトマップの追加 / テスト」をクリック

次に、先ほどコピーした部分を貼りつけて「送信」をクリック

サイト7

画像のように、エラーが出ず登録されれば成功です。

※ちょっとややこしくなってしまいましたが、画像は「index.php?xml_sitemap=params=」が正解の場合の例。

※成功かどうかは「型」(「?」は失敗)や「問題の件数」(エラーが出ていれば失敗)の項目で見分けられます。

※サイトマップ送信から正式登録までは少し時間がかかる場合があります。

サイト8

以上でサイトマップの作成・登録は完了です。

お疲れ様でした。

 

まとめ

本来サイトマップの作成は結構ややこしかったりするんですが、WordPressだとプラグインを使って簡単にサイトマップを作成することがでましたね。

作成したサイトマップをウェブマスターツールに登録するだけで、あなたのブログへのプラス効果は大!

新規の独自ドメインで作ったばかりのブログでも、新しい記事を短時間でインデックスさせることができ、さらにはSEO効果まで期待できます。

もしまだサイトマップを作成・登録していないなら、今すぐ手順に従って行動を始めましょう!

 - WordPress